Blue-Collar-Success

技術、知識、経験。積み上げて来たものは沢山あるのに、いつまでたっても貧しい生活。そんな職人を一人でも減らす為に、職人がい食べていける世の中を作るために書いていきます。

Blue-Collar-Success

技術、知識、経験。積み上げて来たものは沢山あるのに、いつまでたっても貧しい生活。
そんな職人を一人でも減らす為に、職人がい食べていける世の中を作るために書いていきます。

人が生きるってことは夢を見るってことだぜ

f:id:sevenseas-daddy0425:20170729104557p:plain

「人が生きるってことは夢を見るってことだぜ」

「長生きなんかにゃなんの意味もない……夢を見れるか否かがかんじん」

 銀と金 (著)福本伸行

僕の好きな福本伸行の「銀と金」に出てくるワンシーン。

 

僕の好きなシーンだが、

ある人にはきっと暑苦しくて

また、ある人にとっては今の自分を責めたくなるような

そして、ある人にとっては「そうだ」と自分を後押しするようなこの台詞。

 

大人になるに連れて死人が増えた気がしませんか?

あなたは大量殺人鬼になっていませんか?

 

ある日のカウンセリングのこと

 

こんな「悩み」というか愚痴を聞いた。

 

・「今の会社に未来はない」

・「上層部が腐っている」

・「経費の乱用・パワハラ・何もやらないのに会長と仲がいいだけで権力をもった上司がやりたい放題」

・「でも誰も楯突く人はいない。今までそういった人は吊し上げられて辞めさせられた。」

 ・「この会社には何も期待してないし、定年まで存続してくれればいい」

 

こんな社員しかいない企業は果たして長生きできるのか。もう死んでるも同然。

でも、この会社先代の社長の頃はとても素晴らしい会社だったそう。

なぜこの会社は「死人」になってしまったのだろうと掘り下げていくとある重要な問題に辿り着く。

 

腐った上司も死人になった社員も本当は悪くない

 

企業という組織レベルで考えれば、「腐った上司」も「死人社員」もどちらも悪くないと思っている。

というのは、この「腐った上司」を任命しているのは上層部の人間であり、

その上層部を任命しているのは、組織の頭「社長」である。

 

役職をもった人間といっても所詮はただの人。

過ちも犯せば、図に乗る、手を抜く。そんなことは誰にだってある話。

 

そこを軌道修正しようとしない上層部や、社長が問題なのである。

そんな上司の下で、部下がいいパフォーマンスを見せるわけがない。

 

それでは何故、「問題」に気付いていながら軌道修正をしないのか。

 

組織の人格

 

組織は一つの人格であり、社長及び役員が脳ミソ、手足や身体中の細胞一つ一つを形成するのが社員だとする。

この規模が大きければ大きいほど脳ミソからの意思の伝達が複雑になる。

 

ということは、脳ミソはよりパワフルでなければならない。

 

この会社、創立70年の立派な企業なのだが

創立当初の先代はとても立派な人格者だったそう。

 

戦後の貧しい時代、先代がリアカー引いて行商してまわったところから大きくなったという、まさに出光佐三のような話。

 

この先代が脳ミソだった頃はとてもパワフルで、先代の人格に惹かれて優秀な「右腕」や「左腕」が集まり一気に成長していった。

 

ビジョンとミッション

 

上場企業の90%以上にはあって、中小企業の殆どに無いもの。

それがこの「ビジョン」と「ミッション」である。

 

「経営理念」だったり「クレド」といった物もあるが、

結局のところ組織全体で持つ「共通認識」が必要なのである。

 

その「ビジョン」や「ミッション」は会社を築き上げていく創業者がしっかりと持ち、発信していくことで伝わっていく。

そこに共通認識を持った仲間が増えれば、成長しない訳がない。

 

この会社の場合も先代の頃はきっと脳ミソからビシビシと伝達が来ていたはずだ。

特に戦後や災害後の「復興」といったテーマは共通認識として強力な力を発揮する。

あの時代に急成長した企業が多いのもそういった理由が大きいのではないか。

 

しかし、この復興というテーマ、厄介なのはその後で

物が溢れ、資産ができ、生活が安定してくると効力が無くなってしまう。

 

二代目が掲げるべきだったビジョンとミッション

 

先代の頃は、必死に無我夢中になれるだけの「復興」という大きなキーワードがあった。

しかし、二代目に移り変わる頃には企業の状態は整ってしまっていた。

そうなると、今度は本当にその企業が世の中に対して抱く「ビジョン」と「ミッション」を掲げなければいけない。

 

残念ながら、この会社の場合は二代目に移り変わったタイミングで

「会社を存続させること」や「トップの私利私欲」が企業を動かす理由になってしまったようだ。

 

その脳ミソが動かす、右腕も左腕も徐々に弱くなり、

細胞はどんどん萎んでいき、死んだ細胞だらけの会社になってしまった。

 

個人事業でも同じ

 

この考え方は企業に限らず、個人事業でも同じだと思っている。

個人事業とはいえ屋号を掲げた瞬間に、組織の人格が生まれる。

 

社長であり従業員になるわけだが、結局はこの社長の脳ミソが細胞に何を伝達するかが大切。

 

開業当初はそれこそ、死に物狂いで借金に追われ食べる事に必死、

「復興状態」である。

 

では、まともに食べれるようになった後は?開業時の借金を完済した後は?

結局は、そこに「ビジョン」と「ミッション」がないことには動けない。

この「ビジョン」「ミッション」は商品やサービスにも宿る。

 

ユーザはそこに惹かれ、他の類似商品ではなく「あなた」の商品を購入したくなる。

その需要が増えていけばいずれ一人では追いつかなくなる。

 

あなたが従業員を雇う時、「ビジョン」や「ミッション」に共感し、

共通認識として動いてくれる「仲間」が見つかればビジネスは加速していく。

 

あなたが個人の私利私欲のための死人だらけの組織を作り、大量殺人鬼にならないことを祈る。

 

 

f:id:sevenseas-daddy0425:20170729151952j:plain

「良い物を作ったら売れる」信者は時代遅れ

もうユーザは皆気付いてるけど、

何故か作り手やサービスの提供側である職人だけが取り残されている

「良い物作ったら売れる」マインド。

そんな時代とっくに終わってますよ。

 

たしかに「稀に」口コミベースで話題になるお店はあるけどね。

そのレアケースにあたる「良い物作ってたら口コミで売れた」サイドになりたがる。

 

いや「なりたがる」ならまだいいや。(努力しそうだから)

 

「なってくれたらラッキー or ならないかな〜」ぐらいがいいとこ。

 

口コミベースで広がっているお店も

「口コミ」を産むために綿密に計画されている。

口コミしたくなるブランディングに注力している。

 

それは、店舗の内装だったり、店主のキャラクター設定だったり

接客スタイルやUSPだったり、「拡散したくなる仕掛け」がある訳だけど

 

そんな努力は見えないふりして

「あのお店は広告も何も出してないけど口コミで人気になった」

という自分にとって都合の良い情報だけを集めて

 

今か今かと自分の店が口コミで広がるのを待っている。

要は自分にとっての面倒ごとや、苦手なことから逃げてるだけ。

 

ちなみに僕は、その情報を届けるためのWebサイトを作ったり広告運営のサポートを仕事にしているんだけど、

「やり方がわからない人」と「やらない人」には雲泥の差があるのを痛感する。

考えることから逃げ出す人や、伝えることや責任を全て丸投げしたがる人とは

間違いなく良い物は作れない。

 

そんな人と作ったWebサイトは見る人にも時間の無駄だし、

そんな広告を見て利用したユーザが良い体験ができるとも思えないので

そういった仕事はお断りしている。

 

 

ユーザの情報源が変わったのに対応しない理由って何?

 

2007年のiPhone発売から、一気にシェアを伸ばし今やスマホ持ってない人の方が珍しい時代。

要は皆がパソコン持って外に出てる状態。

情報がすぐ手に入るからこそ、みんなリスクを侵さなくなった。

 

行くお店は下調べするし、商品は類似品の価格もチェックするし、

高額商品は比較検討の嵐。

 

情報がないお店は勝手に「怪しい店」判断される。

ただ店主が時代遅れなだけなのに。

 

これは別にネットに限った話じゃなくて要は、情報の露出が大事って話。

大型のショッピングセンターやスーパーなんかは、ネームバリューあるから完成しただけで認知してもらえるしね。

 

そんな時代なのはもう皆分かってるし、取り組んでないのは時代遅れの職人だけ。

 

本当に気付いてないのなら、これを見ているあなたが教えてあげてほしいし (その店や職人に愛着があるならね)

気付いてるけど、「やり方がわからない」で困ってるなら僕のように専門としている人間はいくらでもいるので相談してみたらいいと思う。

 

実際どっち選ぶ?

 

例えば、

A 食べログで探した☆4.2の個室有り、掘り炬燵式の浴衣で元気の良い女性スタッフが売りの居酒屋

B よくわからないけど近くの居酒屋

 

 

例えば、

A 最近話題のアーティストが歌っている月九ドラマのエンディングで流れるラブバラード

B 近所の公園でいつも歌っている大学生の超泣けるフォークソング

 

 

例えば、

A グッドデザイン賞3年連続受賞している一級建築士◯◯さんがデザインした注文住宅

B 飲み屋であったおっちゃんが「腕が良いよ」と紹介してくれた大工の一軒家

 

 

これってB選ぶ人もきっといると思うし、Bが悪いとは全く思わない。

ただ、情報量や情報の信憑性、露出が少なすぎて選びづらくない?

 

そもそも知らない物は「買えない」し「行けない」「頼めない」から。

 

あなたの商品・サービスが候補に上がることが大事

 

僕はいつも言ってるんだけど、

それが本当に「良い商品」「良いサービス」だったら伝えないのは

「不親切ですよ」って。

 

フレッシュなオーガニック野菜と国産牛のみ使用したハンバーグと低糖質なバンズでこだわりのハンバーガー作ってユーザの健康を大切にしても、

あなたの店知らないユーザは、

Mドナルドの謎の肉が入った1個100円のハンバーガーと、1週間放置してもカビが生えない謎の食材で作ったフライドポテト食べるんですよって。

 

 だって、買いたくても知らないんですもん。

 本当は美味しくて健康的なハンバーガー食べたいかもしれないのに。

 

だから、知らせない(情報を発信しない)のは今の時代、

あなたの商品を必要としているユーザにとって不親切で、

あなたにとっても何の特もないですよって。

 

このブログのコンセプトでもあるんだけど、

僕は職人が好きだし、職人が食べていけない時代を変えたいと思ってる。

 

だからこそ、ユーザが何かを欲した時に

まずはあなたのサービスや商品が「候補に上がる」ための準備をしてほしいと思う。

 

 ユーザと繋がる導線を作り、「足を運んでもらって」「手に取ってもらって」 

 「見てもらって」「体験して」「味わって」そこでやっとあなたのサービスの良さが本当に伝わります。

 

 

webサイトやら、広告だなんだといってもそれってただの「ツール」であって

 

結局のところ本当に大事なのは

「作り手の想いや技術、商品やサービスの内容」なんです。

 

宣伝力や資本がある会社の商品ばかりが目立つのではなく、

ユーザにとって本当に必要な情報が届くように変えていきましょう!

うちのじいちゃん、腕はいいけど貧乏な大工でした

f:id:sevenseas-daddy0425:20170711111432j:plain

 

すみません、ちょっと貧乏自慢します

 

僕が小さい頃、うちの家はめっちゃ貧乏でした。

食べ盛りの成長期に、家に帰っても食べるものなくて出汁取り用の煮干しかじってました。

 

小さい頃に両親離婚しておかんの実家で祖父母と一緒に暮らしてたんですが、おかんの女手一つで育てるには収入にも限りがあったんですね。

 

といっても祖父母の収入が安定していたわけでもなく、実家で家賃が不要だったのがせめてもの救いだったらしい。

 

まだ小さい頃、じいちゃんは現役の大工で、それはもう腕が良い職人だったそうです。

(小学生だったのでよくわかってませんでしたが)

 

でも、腕と同じくらい“お人好し”だったそうで

 

・困ってる人の頼みは断れない

・赤字ってわかってても家建てる

・台風やらの被害にあった人の家を無償で修理してあげる

・昔ながらの職人で、面倒見がよく若い兄ちゃんを住み込みで働かせて衣食住の世話までしてたらしい

 

そんな生活で、貯蓄も無くずっと貧しい生活でした。

 

ウチのおかんは今でもよく、

「じいちゃんがあの当時ちゃんとしてくれとったら、ウチは結構お金持ちやったんやけどね〜」とか言ってます。

 

職人の弱点は職人であること・・・

 

血筋のせいか、僕もやはり職人気質だったようで

前職の販売業では業績を認められ、スピード出世していきました。

 

(僕の職人の定義は前回参照) 

kita9topics.hatenablog.jp

 

 

そのお陰もあって、重要なことに気付きます・・・

 

それは

【プレーヤーとしての能力】と【マネージメント能力】は違うということ

当時の仕事でいうと

「販売する能力」と、「お店や事業を運営する能力」は別ということ。

 

 さらには【マネージメント能力(運営すること)】【経営能力】はまた違うということ。

 

 

当時のじいちゃんを自分なりに分析すると、

  • 腕の良い大工

  プレーヤーとしての能力は抜群だった

  • 面倒見はよかったけど、後継者や現場を任せられる人は育たなかった

  マネージメント能力は微妙?

  • お金をもらうことにメンタルブロックがあった

  経営能力は低かった 

 


そんな感じだったのかな〜と思います。

 でもね、これって“ありがち”な話じゃないです?

 

だってね、

その道一筋、コツコツ技術を磨いて一人で家を建てられるようになってようやく一人前の世界。

当時でいえば、10年でやっと一人前みたいな世界です。

 

寝る間も惜しんで勉強するんですよ。建築の。

親方の道具を誰よりも早く起きて準備して、夜は皆んなが使った道具の手入れして。

 

職人は職人になるために、積み重ねてきたんです。

 

“いつ、マネージメントの勉強します?”

どこで、交渉とか契約の勉強します?”

 

残念ながらウチのじいちゃんには、

「職人としてのセンス」はあったけど「経営者としてのセンス」はなかった。

 

今ほど情報が充実していなかった当時は、感覚やセンスが重要だったんじゃないかと思う。

 

まぁ影響を与えてくれる人と巡り合う人脈が少なかったのかもしれないし、

単純に考えることから逃げただけかもしれないし、

それは今となってはもうわからないんだけど。

 

 

僕はこの「マネージメント能力」や、「経営能力」って

当時より今の方が余程重要な時代になってると思ってます。

 

そして、前述したような職人が当時よりもっと食べて行けなくなってる現状を多く見かける。

 

次回はその辺りをもう少し掘り下げていこうと思います。

Blue-Collar-Successとは「職人」を応援するためのブログです

f:id:sevenseas-daddy0425:20170711005320j:plain

「職人」って何?

突然ですが、「職人」と聞くとどんな職業を思い浮かべますか?

僕の中での定義では、その仕事の「プロフェッショナル」である人は皆「職人」です。

 

わかりやすいのは、寿司職人とか陶芸家とか?

 

プロフェッショナルですよね。

お客様に満足してもらえる商品・サービスを日々研究し改善・レベルアップさせ、

技術や知識を蓄えて、本当に価値のある物を提供する。

 

そういった意味で考えると、例えそれが「アルバイト」であっても「人材派遣」でもプロフェッショナルな人は僕の中では職人です。

 

僕はそんな職人が好きだし、食べる物や受けるサービスは職人のものが良い。好き。

 

チェーン店のラーメンより、小さなお店でも地域に根付いて味を守ってるおっちゃんが作ってるラーメンの方が好き。

でもね、たまに見かける爽やかな挨拶と気の利いた接客をしてくれるコンビニの店員さんも好き。

 

なので、雇用形態や職種ではなくて

【志-こころざし-】とか【プロ意識】を持って働いている人は僕の中では皆「職人」なんです。 

 

このブログでは、そんな「職人」を応援する僕の活動事例や考え方をシェアしていきます。

 

僕が専門とする「Webマーケティング」や「マネージメント」の知識をベースに“頑張っている誰か”に少しでも貢献できれば幸いです。